「明日の医術 第二編 結論」

2020.09.09 Wednesday 05:23
0

    故に、その療法原理においても、西洋医学においては、体内に毒素を固むるのを目的とし、私の方は毒素を溶解して体外へ排泄するのを目的とする。
    一は、固むるのを目的とし、一は溶かすのを目的とする。
    従って固むる結果は病原を残存させ、再発の因を作るのである。
    これに反し溶かす結果は、病原を排除し、再発の因を無くする事である。
    右のごとき、両々相反する理論は、いずれが真理であるかは言をまたずして明かであろう。
    しかしながら、私の右の理論に対して、特に専門家はいうであろう。
    なるほど病気の根原は毒素であるが、その毒素を溶解排除するなどは、実際上不可能で、それは理想でしかない。
    故に止むを得ず次善的方法として手術か又は固むるので、固め療法の発達したのも止むを得ないのであると、しかるに、私が創成したこの日本医術は、毒素の溶解排除の方法に成功したのである。
    現代医学がいかに進歩せりと誇称するも、皮下に溜結せる毒素に対し、切開手術を行わなければ、膿一滴といえども除去し得ないであろう。
    しかるに私の方法によれば、外部からいささかの苦痛をも与えずして、いかなる深部といえども自由に膿結を溶解排除する事が出来得るのである。
    盲腸炎は一回の施術によって治癒し、歯痛は外部からその場で痛みを去り、他のいかなる痛みといえども数回の施術によって無痛たらしめ得るのである。
    肺結核も完全に治癒せしめ得、癌も解消せしめ得るのである。
    その他疫痢も精神病も喘息も心臓病も痔瘻(じろう)も医学上難治とされている疾患のそのほとんどは治癒せしめ得るのである。
    ただ私の療法で困難と思うのは、医療を加え過ぎた患者である。
    特に薬物多用者とレントゲンや深部電気、ラジウム等を幾十回も受用せられたものである。
    又、種々の療法を受けた結果、衰弱はなはだしい患者においては、病原を除去し終るまで生命を保てないので、かような場合は、不成績の止むを得ない事があるばかりである。
    故に、発病後速かに本療法を受ければ、そのことごとくは全治するといっても過言ではないのである。
    従って、私の方では研究という言葉は無いのである。
    何となれば、病原も明かであり、治癒も確定しているから、その必要がないからである。

    category:戦前の医学論文 | by:mistoshicomments(0) | -

    「明日の医術 第二編 結論」

    2020.09.08 Tuesday 05:55
    0

      又医師の短命も近来著るしい現象である。
      私は種々の博士の中、医学博士が一番短命ではないかと思うのである。
      これは誰かが統計を作ってみれば面白いと思う。
      少なくとも人の病気を治し、健康を増進させる役目である以上、何よりも自己自身が健康であり長命でなくてはならないし、又その家族の健康においても、医学的知識の少ない世間一般の人々よりも良くなければならないはずである。
      そうでなければ医家としての真の資格は無いと言っても、あえて侮言ではなかろうと思うのである。
      たとえていえばいかに道徳を説くといえども自己が実践出来なければ人を動かす事が出来ないのと同様である。
      故に、今日の医学衛生の理論を最も信奉する人々がふえるに比例して、青白いインテリが増加するという事によってみても明かであろう。
      以上によって、私の創成した日本医術が、既存医術に比していかなるものであるか、読者は大体諒解されたと思うと共に、ここに最も重要なる事は、その治病力のいかに素晴しいかという事である。
      私としては、事実ありのままを告白するとすれば、それは余りに自画自讃に陥らざるを得ないが、言わなければならないから敢て発表するのである。
      病気の根源は毒素である事、毒素とは膿汁又は毒血の凝結したものである事はいうまでもない。
      勿論西洋医学においても、その点は認めているのであるが、ただ異なる点は、西洋医学においては、黴菌によって毒素が増殖せられるというに対し、私の方は、浄化作用によって毒素が集溜するというのである。
      故に、西洋医学の伝染に対し、私の方では誘発と解し、又西洋医学においては、あらゆる病気は、抵抗力薄弱によって、外部から黴菌による毒素が侵入繁殖するというに対し、私の方は、体内において集溜凝結した毒素が、浄化溶解作用によって外部へ排泄される為というのである。

      category:戦前の医学論文 | by:mistoshicomments(0) | -

      「明日の医術 第二編 結論」

      2020.09.07 Monday 05:23
      0

        又医師の短命も近来著るしい現象である。
        私は種々の博士の中、医学博士が一番短命ではないかと思うのである。
        これは誰かが統計を作ってみれば面白いと思う。
        少なくとも人の病気を治し、健康を増進させる役目である以上、何よりも自己自身が健康であり長命でなくてはならないし、又その家族の健康においても、医学的知識の少ない世間一般の人々よりも良くなければならないはずである。
        そうでなければ医家としての真の資格は無いと言っても、あえて侮言ではなかろうと思うのである。
        たとえていえばいかに道徳を説くといえども自己が実践出来なければ人を動かす事が出来ないのと同様である。
        故に、今日の医学衛生の理論を最も信奉する人々がふえるに比例して、青白いインテリが増加するという事によってみても明かであろう。
        以上によって、私の創成した日本医術が、既存医術に比していかなるものであるか、読者は大体諒解されたと思うと共に、ここに最も重要なる事は、その治病力のいかに素晴しいかという事である。
        私としては、事実ありのままを告白するとすれば、それは余りに自画自讃に陥らざるを得ないが、言わなければならないから敢て発表するのである。
        病気の根源は毒素である事、毒素とは膿汁又は毒血の凝結したものである事はいうまでもない。
        勿論西洋医学においても、その点は認めているのであるが、ただ異なる点は、西洋医学においては、黴菌によって毒素が増殖せられるというに対し、私の方は、浄化作用によって毒素が集溜するというのである。
        故に、西洋医学の伝染に対し、私の方では誘発と解し、又西洋医学においては、あらゆる病気は、抵抗力薄弱によって、外部から黴菌による毒素が侵入繁殖するというに対し、私の方は、体内において集溜凝結した毒素が、浄化溶解作用によって外部へ排泄される為というのである。

        category:戦前の医学論文 | by:mistoshicomments(0) | -

        「明日の医術 第二編 結論」

        2020.09.06 Sunday 06:37
        0

          又、仁丹なども少し位は差しつかえないが、常用者になると害がある。
          以前私は、仁丹中毒の患者を扱った事がある。
          この人は拾数年間、常に仁丹を口に入れていたので、最初来た時は顔面蒼白で痩せ細り、胃も相当悪るかったが、その原因が仁丹にある事が判ったので、大いに驚いて廃止し、その後漸次健康を恢復したのである。
          次に、世人の気の付かない事に、薬湯の中毒がある。
          それは元来風呂の湯は何ら異物の入らない純粋の水が良いのである。
          しかるに、薬湯のごとき異物が混入すると、その薬毒が皮膚から侵入し、一種の中毒となり、健康に害を与えるのである。
          故に薬湯に頻繁(ひんぱん)に入る人は顔色が良くない事を発見するであろう。
          そうして薬湯が温まるという事をよくいうがこれはいかなる訳かというと、微熱のある人は常に軽い悪寒があるから寒がりである。
          しかるに薬湯へ入ると、薬毒が皮膚から侵入するので、浄化作用が停止し、一時的微熱が無くなるから悪寒がなくなり、ちょうど温まるようになるのである。
          又温泉の湯花(ゆばな)を入れるが、これらも温泉へ入るのとは違うのである。
          何となれば温泉は山の霊気が含まれているから、それが身体に利くのであるが、湯花は霊気が無くなった…いわば滓(かす)であるからである。
          次に扁桃腺及び盲腸の手術はさきに説いたごとく、二、三年の間は成績がいいが、その後に到って悪い事や、又胃病に対し消化薬を服み、消化し易い食物を摂るにおいて、漸次胃が弱るという事や疲労を恐れたり、睡眠不足を恐れるという事なども一時的を主とした誤りであり、栄養食もさきに述べた通りである。
          故に、何よりも私の理論の誤りでない事は幾多の事実によって知る事を得るであろう。
          彼の上流社会の子女や医家の子女等をみるがいい。
          それらの人々は、常に充分栄養を摂り、西洋医学的衛生を出来得るだけ実行しているに係わらず、いずれも弱々しく、大方は腺病質である事である。
           

          category:戦前の医学論文 | by:mistoshicomments(0) | -

          「明日の医術 第二編 結論」

          2020.09.05 Saturday 08:38
          0

            「私は、現代医学に対し、あらゆる面から解剖し、忌憚(きたん)なきまでにその誤謬を指摘し批判を加えたつもりである。
            しかしながら、帰する所その結論は下記のごときものであろう。
            一、病気に対する医学の解釈が、浄化作用である事を知らなかった事。
            二、従って、病気を悪化作用と解し、浄化作用停止を以て、病気治癒の方法と誤認した事。
            三、薬剤はすべて毒素であって、その毒素が浄化作用を停止するのみならず、その残存薬毒が、病原になるという事を知らなかった事。
            四、病気は浄化作用である以上、自然が最も良医であるというー彼のヒッポクラテスの言を無視し、すべて人為的療法を可とした誤謬。
            五、医療は一時的効果を以て、永久的と誤認している事。
            大体上記のごときものであろう。
            それについて、右の内四までは詳説したから、読者は充分諒解されたであろうから、ただ五に対して大いに解説する必要があろう。
            まず医療としてのあらゆる方法は、一時的治癒であって、それを真の治癒と錯覚している事である。
            しかも一時的治癒の方法が、その後に到って逆作用を起させ、病気悪化の原因となり余病発生の動機となるという事も知らなかったのである。
            これに対し種々の例を挙げて説明してみよう。
            さきに詳説したごとく、薬剤や氷冷、湿布等を行えば、一時的苦痛が軽減するので、これによって治癒するようにみえるのである。
            又耳鼻の洗滌胃の洗滌等や点眼薬、コカインの鼻注、含嗽(がんそう)薬、すべての塗布薬、膏薬等も勿論一時的苦痛軽減法である。
            又下熱剤、利尿剤、下剤、睡眠剤、モヒ注射等も同様である。
            又、歯に対する含嗽薬は歯を弱らせるし、殺菌剤応用の歯磨は殊に悪いのである。
            ここに面白いのは、歯科医が歯孔をセメント等にて充填する場合、殺菌剤にて消毒するが、これらも大いに間違っている。
            なぜなれば、充填後大抵は痛むものである。
            それは殺菌剤が腐敗し、毒素となって排除されようとする。
            その為の痛みである。故に充填の場合、全然殺菌剤も何も用いない時は、決して痛みは起らないのである。
            私は、歯科医に厳重にそうさせて以来、決して痛まないのである。
            従って、歯科医がこの事を知って薬剤を用いないようになれば人々はいかに助かるであろうかと、私は常に思っているのである。

            category:戦前の医学論文 | by:mistoshicomments(0) | -

            「或記事」

            2020.09.04 Friday 11:06
            0

              アランジー氏の言うごとく、実際西洋医学及び医者は名誉を失いその上信用をも失い、遂にパンをさえも失ってしまっているのである。
              非医学、非医者の流行は日を追って進み綜合医学はその先頭に立っているのである。
              これがフランス人のみでなく、欧米全体である事は「西洋医学の新傾向」で了解されよう。
              かくのごとき実際を日本人が、まだ知らないのは一見、はなはだ可笑(おか)しく信じ難い様であるが、それには訳がある。
              即ち日本人はまだ西洋を知らない。まだ切支丹伴天連奇術に眩惑されているのである。
              そして明治開国以来七十年一日のごとく、その眩惑的奇術的方法…メス、光線、顕微鏡、麻酔剤、電気、磁気、あるいは新しい薬物等の無限の新手法をのみ求める為にこそ、年々莫大な費用をかけている。
              彼らは一度西洋に渡るや、追々影のうすれて行く西洋医学の研究に没頭して、広々とした西洋の天地を眺める様なことはしない。
              大家になった教授達が派遣される時は、勿論、昔馴じみの畑ばかり見て来る。
              しかし断っておきたい事は私が西洋医学や医者を非難しようとは夢にも思っていない事である。
              彼らはそれを、よし教授にもせよ開業医にもせよ、職業…パンの為に…しているのであるから、余剰価値を搾取する人々や、他人のXを盗む人々が許されている様に、この寛大な娑婆世界では更に非難すべきでない。
              たゞ同じパンを求めるにも、他人の罪悪や病気のおかげでパンを得たり、人類全体を病弱と享楽によって(医薬により自然淘汰機構を害し)破滅の淵に陥入れる様な罪業を積まねばならない人々は、パンの為に海に漁り、山に鳥獣を狩り、生類の生命を断つ様な生業をせねばならない人々よりも、もっと気の毒な籤(くじ)を引いたものだと思うだけである。
              他人の財を盗んで自分を直ぐ罪に晒(さら)さねばならない様な境遇の人々の方がよほど罪は軽小である。
              と思うだけである。と云っても、医者に苦しめられる人々を気の毒だなどと云う様な事も夢にも思うべきでない。
              彼らが医者に搾取されるのは(財にもせよ、生命にもせよ)ちょうどベラ棒が泥棒におけるごとき関係を持っている。
              彼らが医者を作るのであるという点から云えば、彼らの罪が重い。
              しかし、彼らが苦しめられるのであるから、その罪はいくらか、償われているとも云えよう。」 (「明日の医術 第2編」より)

              category:戦前の医学論文 | by:mistoshicomments(0) | -

              「或記事」

              2020.09.03 Thursday 05:07
              0

                 次に今一つ付録として桜沢如一氏著、成史書院昭和十六年十月五日発行の、題名「日本を亡ぼすものはたれだ」の中に「西洋医学の現状」という項目があり、なかなか面白いと思うから、ここに抜載(ばっさい)する事にした。
                桜沢如一氏の評論文 「西洋医学の現状」
                「十八世紀に旭日昇天の勢を以て発達し、十九世紀末葉にその全盛を極めた西洋医学は、その切支丹伴天連(キリシタンバテレン)的テクニック…
                即ち顕微鏡とメスと、麻酔剤と血清や光線のごとき薬物、物理療法…を以てすっかり欧米全体の大衆を籠絡(ろうらく)し瞞着(まんちゃく)した。
                開国と同時にこの西洋医学に馳せつけた日本人は、その生来の徹底的没頭を好む精神からこの眩惑すべき医術に深入りする事に人後に落ちなかった。
                それが為には、数千年来の伝統を直ちに放棄し、これを再吟味さえ惜(おし)んだものである。
                しかるに西洋では二十世紀に入るや、すでにこの分析的な西洋医学の功過漸(ようや)く明かとなり殊に欧州大戦において西洋科学文明理想幻滅の悲痛を味い、不安の深淵に沈んだ人々は更に不治病の増加と死亡平均年齢低下の脅威の為に、科学の仮面をつけた医学に対しても信頼を失ってしまった。
                実際のところ私の寡聞(かぶん)の範囲ではあるが、欧州知識階級で、今日なおいわゆる西洋医学を信頼する人々を私はほとんど知らないのである。
                それを裏書する事実を例示する事は最も容易な事である。…
                これはドクトル・アランジー氏の明言せるごとく、西洋文明国における今日の医師は患者の御用聞きであってあるいは繃帯(ほうたい)をしたり、手術をしたりする一種の労働者であるか、あるいは精神病院という実は牢獄兼下宿の番人であるか、あるいは色々な証明書例えば労働不能、糞便検査、死亡証明等…の署名を専門とする一種の代書業者として漸く生活の保証を得ているのである。
                医術を職業にまで低下せしめた医師は一種の社会的寄生虫であるが、その病人への寄生生活も、もう行き詰ってしまった。
                又一九二九年以来毎年、私は仏国医師会会長が全国中等学校卒業生に一々通信を以って医者となる事を断念する様に諌告(かんこく)しているのを知っている。
                それによれば、仏国はも早医者で充ちている。即ち人口千五百人に対し一人の医者がいる。
                この統計的数字的事実は、医者の生活安定を、その恒産によって保証され、医術を以って世に貢献奉仕し、何ら報酬給付を目的としない者でない限り、医家志望は断然中止して欲しい、というのである。
                 

                category:戦前の医学論文 | by:mistoshicomments(0) | -

                「医家の観たる医薬」

                2020.09.02 Wednesday 05:19
                0

                  「右の説に対し、私の立場から簡単に批判してみようと思うのである。
                  罹病の場合、医家が薬を服まないというこの事は私はしばしば聞いている。
                  従って、無服薬の医家は相当多いようである。
                  純粋の薬分が利かないで、不純物の方が効目があるという事は不思議と思う。
                  私は以前聞いた話であるが、航海中船員が蒸溜水即ち純水を飲用すると猛烈な下痢を起すそうである。
                  又、薬剤がその量によって毒となり、薬となるという事は、私の解釈によれば、薬となる限度とは浄化停止の限度をいうのであり毒となるという事は浄化限度を超えるという意味に外ならない。
                  故に、浄化停止の力あるほど、目的の病気には効いても、それだけ体内いずれかに悪影響を与える訳である。
                  病気を治す鍵穴は一つであるが、その鍵を探そうとして努力しているのが医学の研究であるという比喩はまことに適切であると思う。
                  しかし、何程探し求めても永遠に見付からない事は、私の説によって明かであろう。
                  ここに見逃す事の出来ないものは、人体には自然治癒力があるが、それを薬が補助するというので、この説こそ根本的誤謬なのである。
                  勿論一時的治癒がそう思わせるのである。又最後にある「健康をより健康にする薬の要求が医学者の研究上の苦心」というが、これらも私の説と反対である。
                  即ち私の方では薬を服めば弱り、薬を服まない程健康になるというのである。
                  要するに、現代医学者の薬剤に対する観念は混沌としていて、何ら決定的の発見はあり得ない。
                  たまたま決定的と思惟さるる六百六号のごときものも、実はその目的である駆黴力よりも一層悪性の病患の原因となるという事によってみても明かである。
                  私は右を一言にしていえば、全然鉱物のない山に向って、多数の人達が長年月に渉(わた)って、営々として鉱物を探そうと掘鑿(くっさく)しているようなものが医学の研究ではないかと思うのである。」 (「明日の医術 第2編」より)

                  category:戦前の医学論文 | by:mistoshicomments(0) | -

                  「医家の観たる医薬」

                  2020.09.01 Tuesday 05:30
                  0

                    人体には自然に治る力が備わっている。
                    自然に治ろうとする力があればこそ、薬が助けるのである。
                    自然に治るのを助ける助け方に工夫が要る。
                    薬で菌を殺すが、殺し尽すことは出来ない。
                    菌が生き残る。この生き残りの菌がなかなか厄介で、この菌を殺すのに、今の薬では用をなさない事になる。
                    そこで自然治癒をまつという事になる。
                    今日、ホルモン剤、ビタミン剤ということがよくいわれるが、大体ホルモンは人体内で造られる。
                    ビタミンは食物から採れるものである。
                    体の働きが衰えたから外から補う訳であるが、これを過剰(かじょう)にやるといけない。
                    薬は異物である。吾々の体の成分の不足を補うものが薬である。
                    健康に薬はない。薬はいらぬ。
                    だが今日大東亜戦争上の要求によって、健康にも薬が要ることに要求せられて来た。
                    即ち生活力を拡大するために「健康をより健康にする薬」が要求されるに至った。こゝに吾々研究上の苦心があるのである。」 (註 記事はここで終了)

                    category:戦前の医学論文 | by:mistoshicomments(0) | -

                    「医家の観たる医薬」

                    2020.08.31 Monday 05:52
                    0

                      この事は古い漢薬でよく知られている。
                      何が効くかははっきりしないがその組合せによって効く。
                      漢薬は草根木皮で、これは自然界から採取したものだが、自然界から採取するには、採取の時季、季候が大切になってくる。やたらに採取したって効はない。
                      又化学上の双生児であって効用がまるで違うものがあるが、何の原因であるか判らぬ。
                      その原因を見付けるのに研究上の苦心がある。
                      人体は極めて複雑で、スムーズな敏速な無駄なき工場である。
                      その上細胞が皆生きている素晴しい工場である。
                      こんな精密工場に突然薬が入るのであるから、何とかしてこれを排除しようとする働きが起る。
                      一つの原料から種々変化さして作った薬が心臓を強めたり弱めたり麻痺させたりする様に、
                      一つの薬から変化したものではじめて効用があるものがある。
                      これを体内でやらず体外で試験管で作り出すのが随分あるわけである。これを研究しなければならない。
                      初めは、毒でも何でもないが人体に入ってから、これが変化して毒になるというものもあるが、これは極めて少い。
                      まあ人体はなるべく毒になるものを造らぬ様に出来ている。
                      害になるものはなるべく早く体外に出す様に出来ている。
                      化学療法の事を申上げる。彼の独逸(ドイツ)のエール・リッヒが日本の波多博士と協力して作った六百六号というサルバルサンを発見して黴毒を駆除した。
                      黴毒の病源体を殺して治したという所から起った。これは砒素を使ったものである。
                      これは人体に砒素が向わずに細菌にだけ向うというのである。
                      所が細菌を殺すと共に人体もいためる。
                      それで人体に無害であって細菌だけを殺す薬をというので、苦心の末六百六号といわれる複雑な所作(しょさ)の末、まあ人体に無害と思われるサルバルサンに成功したとなっている。
                      この事はキニーネ剤についてもいえるが、マラリヤにはこれでいいかといえば、なかなかそうはいかぬ。
                      このように吾々は病気を治すという一つの孔(あな)を開くために無数の鍵を以て、あの鍵、この鍵という様に一々孔にはめて見て、ちょうど合う一つの鍵、しかも唯一つしか合わない鍵を探し出す為にあらゆる苦心をしている訳である。
                       

                      category:戦前の医学論文 | by:mistoshicomments(0) | -

                      Calender
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM