「不思議な事実」

2020.08.03 Monday 05:47
0

    次に、五十幾歳の男子、頬に癌の出来る頬癌(きょうがん)という病気で、数年に渉ってあらゆる医療を受け、最後に癌研究所に行き、不治の宣告を受けたのである。それが私の治療二、三ケ月位で全治したのであった。
    しかるに同研究所は患者が同所と離れた後といえども時々病状を問合すのだそうである。
    従って、その人も全治してから一ケ年位の後、同所からの問合せに対し、早速出所し、全治の状態をみせたのである。
    医師は驚いてその経過を訊いたので、本療法によって治癒せる事を詳細語ったのだそうであるが、医家は何らの表情もなく、むしろ不機嫌そうにその場を去ったという事であった。
    次に、四十歳位の婦人、右足の踝(くるぶし)の辺に腫物が出来、数年に渉ってあらゆる医療を受けたが治癒しないのみか、漸次悪化し、遂に歩行すら不可能となり、臥床呻吟する事一ケ年余に及んだ。
    しかるに、本療法によって自由に外出が出来るようになった際、たまたま以前臥床時代診療を受けた医師に往来で遇ったのである。
    医師は驚いて、「どうして良くなったか」と訊いたので「こういう療法で快くなった」と話したところその医師いわく、「アゝそれはお禁厭(まじない)だ」というので、その婦人は、禁厭でない事を説明した所「アゝそれじゃ狐を使うんだ」というのである。
    従って、この医師の言のごときものであるとすれば、現代医学よりも禁厭や狐の方が治病効果が優れているという理屈になるので、その医師の頭脳に驚かざるを得なかったのである。
    右のような例は枚挙に遑(いとま)ない程であるから、他は推して知るべきである。
    又こういう事もある。某博士が自己の手に困難だと思う患者を、私の弟子の方へ廻す事がある。
    勿論、現代医学で治らないものが、本療法によって治るという事を知っているからである。
    そこまで信ずるもなお研究に手を染めないという事も不思議と思うのである。
    それはあるいは、そうする事は、医師会との関係もあり、複雑なる事態の生ずるという懼(おそ)れある為かも知れないが、医家としての使命を考える時、文化の進歩に反するばかりか、人間の生命を取扱うという聖なる使命に背く訳となろう。
    しかし、私は思うのである。本医術に対し、何ら遅疑する事なく、進んで突入し、研究すべきである。
    その結果もし西洋医学よりも劣るか、又は無価値であるとすれば、放棄すればいいであろうし、これに反して私のいうごとき偉大なる医術であるとすれば、大いに医学界に向って推奨すべきであろう。
    それによって人類の病気を解決すべき端緒となるとすれば、先覚者たる栄誉を担い得る事となるであろう。
    要するに、私は医家の良心の問題ではないかと思うのである。
    この意味において私は、良心的医家の、一日も速かに表われん事を切望してやまないものである。」 (「明日の医術 第2編」より)

    category:戦前の医学論文 | by:mistoshicomments(0) | -
    Comment