「西洋医学の野蛮性」

2020.07.09 Thursday 05:38
0

    「昭和十七年六月三十日付の手紙が、大阪市で開業している私の弟子(婦人)から来たのであった。その手紙の原文のまま左に書いてみる。」
    手紙原文
    「前略、一つ面白いニュースを申上げます。近日京都より軍医が治療の見学に来るという話が出来ております。
    それはちょうど一ケ月前、二十七歳の兵隊さんが京都より参りました。
    戦傷兵です。戦車が折り重なり十四、五人即死、その時脊髄を打たれて九死に一生を得て赤十字病院へ入院し、今後一ケ年間絶対安静を言渡された者です。
    首の付根より脊髄へかけちょうど掌一杯だけ位熱がありました。
    それと左手指三本に力が入らず手拭もしぼれないのです。
    それだけですのに脊髄炎になったかどうかを試験するのに、脊髄の最下端より漿液(しょうえき)をとり試験されたのです。
    その時の痛みと苦しみは大変なもので、頭の中で戦車がガラガラガラッと転廻するようなスサマじい音がして痛いの痛いの余りの苦しさによして下さいと言ったら、軍医に言下に死ぬぞと叱りつけられ、実に苦しい思いをしました。
    だのに試験の結果は何ともないとの事。次に今度は所もあろうに頭蓋骨に錐(きり)で穴を開けて再び漿液をとり試験するというたのが、私方に来る三日前です。
    生きた心地もなく私方に参りました。
    当人の父親は戦地にあり大佐です。治療一回にして半分熱はなくなり、三日目に完全に熱は解消しました。
    頭の痛みも消えて左手全部小さくなっていて爪さえが伸びなくなっていたのが伸びてきて、以前のごとく右手と同様に力も出るようになりました。
    一週間でほとんど苦痛は消えました。一ケ月目には元の勤務に立直る事が出来ました。
    再び人間として兵隊の勤務は出来ない為、兵役免除となりましたので、元の務をしたいと申しております。
    一ケ年絶対安静の重患が、京都から西宮まで通うて、そして元々通りの体となり、勤務が出来るなんて、ただただ不思議でならんと申しております。
    これを軍医に話しましたのです。軍医が申しますに「知らんぞ、責任は持たんぞ」と、「しかし不思議な事があるものだな、ほんとに良くなっている。
    何ともないがどうも変テコだ、僅か一ケ月位で治ると病気じゃなかったはずだが、とにかく一度連れて行ってくれ、話を聞かせてもらいたい。承諾を得てきてくれ」との事でした。
    私の考えでは、内出血し、それに発熱したものと思います。それを大層な事をして苦しめたものです。」(手紙は以上)
    「右のごとき実例は無数にあるのであるが、これを採りあげたという事は、国家の為生命を賭して第一線に活躍した尊い勇士が、その余りにも惨(むごたら)しい苦痛を与えられ、しかもその苦痛が無益であり、今や頭脳にまで穿孔されようとしたという事実に胸を打たれたからである。
    かくのごとき大苦痛を与えてまで査べるという事は、軍医は決して悪意はないのであるが、全く西洋医学における診断が幼稚であるためと残虐性のためである事が、あまりにも明白である。
    そうして軍医は、脊髄及び脳にまで穿孔して診査しようとしたのであるが、私の弟子なら一分間の診断で脊髄炎の有無は判るのである。
    しかも、脊髄炎でなかった事は、局所だけの治療で簡単に全治したのにみても明かである。
    しかるに、治癒までに一ケ年を要し、絶対安静でなくてはならないというのであるが一ケ年後、果して治癒するや否や頗る疑問であろう。
    この事実を検討してみる時、医学における診断の低劣と野蛮的である事は否めないと共に右のごとき災禍を蒙りながら、泣寝入に終らざるを得ない不幸なる人々が、いかに多いかを想像する時、私は天を仰いで長大息をするのみである。」 (「明日の医術 第2編」より)
     

    category:戦前の医学論文 | by:mistoshicomments(0) | -
    Comment