「風邪引運動と薬廃運動」

2020.04.21 Tuesday 05:48
0

    「私は、最も簡単な浄化作用として風邪引く事のいかに効果があり、感冒とは全く神が人類に与えた最大なる恩恵であるという事を述べた。
    又薬毒のいかに恐るべきかという事も読者は最早充分首肯されたであろう。
    故にこの二大誤謬に目覚め、それを改善実行する事によって今日最も難問題とされている結核といえども、十年を出でずして半減する事は断言し得るのである。
    右の意味において近き将来において必ずや風邪引運動と薬剤廃止運動が何人かによって必ず行われるべきであろう事は疑ないのである。
    従ってこの運動が一日早ければ早いだけ国家国民に対し、いかに絶大なる利益あるかは言を要しないのであろう。
    しかもなお本医術を施行するにおいて右の目的に拍車をかける事になるのは明かである。」 (「明日の医術 第1編」より)
     

    category:戦前の医学論文 | by:mistoshicomments(0) | -
    Comment