「人口増加率低減の問題」

2020.02.29 Saturday 07:59
0

    「以上示した処の各国の統計によって現在日本及び世界の人口問題の趨勢はほぼ諒解された事であろう。
    そうして要約してみると次の二点に帰するのである。
    一、ヨーロッパにおいては十九世紀中葉以後日本においては大正十年以後増加率低減が初まった。
    二、死亡率減少と増加率減少と平行する原因
     右の二項に向って徹底的にメスを入れてみよう。
    一、の原因として私は世界人類が救世主のごとく思っている種痘そのものであると断言する。
    そもそも種痘なるものは千七百四十九年英国バークレーに生れ千八百二十三年に逝去したエドワード・ジェンナーの発見である事は周知の事である。
    彼は僧侶を父とし千七百九十二年倫敦(ロンドン)において医学士の資格を得、千七百十年頃よりギリシャの娘達が痘瘡患者の膿疹中に針を入れ、その膿汁を皮膚にさすと軽い痘瘡になり重い痘痕より免れる事を得たが更に牛痘を以て人痘に代り得る事が知れた。
    千七百九十六年五月十四日彼は彼の実子の腕に牛痘を植えてその成功を確かめ千七百九十八年いよいよ種痘法を発表したのである。
    次に我国においては、最初痘苗渡来したのが嘉永二年(一八四九年)である。
    次いで安政五年(一八五八年)神田お玉ケ池に種痘館が開設せられ又西洋医学所が設立せられ後に医学所と改称それが今日の帝大医学部である。
    その後明治初年長与専斎欧州より帰朝し、痘苗用牝牛によって種痘法を伝う。その後明治七年六月東京馬喰町に牛痘種継所が設立され、次で伝染病研究所において痘苗を製造し牛痘を以て一般国民に接種天然痘免疫を獲(う)る事になったのである。
    ここで断っておきたい事は、医学上免疫とは発病しない事をいうようである。
    しかし一歩を進めて考える時こういう理論が成立つ。
    発病しないという事は天然痘毒素が解消して無くなった場合と、天然痘毒素があっても何かの理由によって発病しないという事である。
    それはどういう訳かというと元来人間は生れながらにして先天的遺伝毒素を保有している。
    即ち天然痘、麻疹(はしか)、百日咳等である。
    特に天然痘の毒素は悪性な質をもっているので恐れられるのである。
    そうして天然痘が発病するという事は、人体の自然浄化作用によって天然痘毒素が外部へ排除されんとして全身的皮下一面に集溜する。
    それは内部から外部へ向って圧出されるのである。
    それが皮膚面に発疹状を呈し、発疹の粒形一つ一つが破れて膿汁が排泄されるーその過程を天然痘疾患というのであって、
    その際の発熱は毒素を排泄し易からしめんが為の自然溶解作用である。
    故に痘瘡そのものをみれば右の理由は何人といえども首肯されるのである。
    しかるに種痘なるものは、この天然痘毒素(以下略して然毒とする)の排除作用を抑止せしめるのである。
    浄化力を薄弱ならしむるのである。言い換えれば陽性を陰性化するのである。
    この陰性化した然毒即ち陰化然毒は、排除の力を失うから体内に残存するのである。
    そうして体内に残存した陰化然毒はどういう作用をするかというに、これが結核や近眼、腎臓病、扁桃腺炎、頭部疾患その他あらゆる疾患の原因となるのである。
    のみならず陰化然毒残存は全身的機能を衰退せしめるから、一般体位低下及び婦人の妊孕率(にんようりつ)低下を促すのは勿論である。
    これが即ち人口問題の起ったそもそもの真因である。
    これは何よりも人口統計を見れば如実に表われている。即ち欧羅巴(ヨーロッパ)においては種痘の発見後からであって
    統計に示すごとく仏蘭西(フランス)が最も早く種痘発見後三、四十年を経て、英独は約七、八十年を経た頃から増加率減少の徴候を表わし初めている。
    我国においても欧羅巴とほとんど軌を一にして、一般種痘が行われてから約五、六十年以後に漸くその兆候が表われてきているのに見ても明かである。
    今一つ別の例を挙げてみよう。それは医学や社会衛生の不完全なる支那人の出生率四○人というのは全く種痘を行わなかった為である事はいうまでもない。
    その他の例として第十一回オリンピック大会におけるマラソンの一等選手孫基禎氏が半島人であったごとき、昨年の日本体育大会における重量上げ選手が一、二等共半島人であり同じく昨年福岡から大阪までの駅伝競争において一等が鮮台組であり、極端な不栄養食で不衛生な満州苦力(クーリー)の驚くべき強靭なる生活力等いかに無種痘民族が頑健なる体力と強靭なる生活力を有しているかは争い難き事実である。
    種痘民族と無種痘民族とを比較するにおいて、いかに雲泥の相違があるかはなお一層の調査を望むのである。
    であるからこのまま現状を続くるにおいてはどうなるであろう。
    それは益々民族の強弱は懸隔(けんかく)を増し、ついに文化民族が滅亡しゆき非文化民族が興隆するという恐るべき時代が来ないと誰が言い得るであろう。
    この厳然たる事実に直面して眼を蔽わない訳にはゆかないであろう。
    そうして陰化然毒があらゆる病原になっている事を説いてみよう。
    それによって今日までの医学がいかにその根源を誤っていたかという事を認識しない訳にはゆかないであろう。
    まず病気とは何ぞやという事である。「病気とは何ぞや」という事程古往今来人類の頭脳を悩ます問題はないであろう。
    この謎を解こうとして今日まで全世界幾千幾万の有識者がその一生を捧げたであろう。
    しかも今以てそれを解き得ない事は何人といえどもよく知っているところである。
    そうして現在まで解き得たところのものは漢方医学においては五腹六腑の調和の破綻西洋医学においてはフィルヒョウの細砲衰滅説から、独逸のコッホ、仏蘭西のパスツール等の細菌発見等で、それによって今日の医学の構成となったのである。
    故に今日までのいかなる説といえども一様に病気なるものは健康を破壊し窮極において生命を脅かすものであるとされている。
    又宗教においては神の戒告あるいは罪穢による刑罰としている。
    随って病気とは悲しむべきもの、恐るべきもの、呪うべきものとなっていたのである。
    しかるに私の説は全然反対であって「病気は神が人間に与えた最大なる恩恵であってこれあるが為人間の健康は保持され寿齢は延長される」のであるから、人間は病気に対しては最大の感謝を捧げなければならないというのである。
    この様な説を読まれたら恐らくその意外なるに驚歎せずには居られないであろう。
    しからばいかなる理由に基くのであるか順次詳説してみよう。」 (「明日の医術 第1編」より)

    category:戦前の医学論文 | by:mistoshicomments(0) | -
    Comment