「宗教的治病に於る誤謬」

2020.02.01 Saturday 09:07
0

    「世間往々、信仰によって病気治しをする場合、非常に誤られ易い重大事がある。
    そうしてそれを誰もが気が付かないで、今日に至っている事である。
    それは何であるかというと、信仰で治そうと思いつつ、実は自己の力に頼りつつあるその事である。
    勿論、信仰で治そうとする以上、熱心であればある程、効果はあるはずであって、その目標である神仏に祈願をこむるのであるが、この場合、実は自分自身の精神療法をしている事が多いのである。
    何となれば、真の意味における神仏は、人間が水を浴び、お百度を踏み、数時間経文を誦(よ)み拍子木等を敲(たた)き、又は貧困に陥いるまで財産を提供させる等によって、神徳仏果を享けるというごときは、実に謬れるのはなはだしいものである。
    たとえていえば、神仏の御心は、親の心と同じようなものであり、信徒は子のようなものである。
    子が親に向って、ある欲求をする場合、見るも悲惨な苦行は、親として決して快いものではない。
    故に、その願求が正当であるならば、親は欣(よろこ)んで、否、吾子を喜ばせんが為、難行苦行などさせずに、少しでも多く与えたいのが真情である。
    随って、苦行を求める信仰は、その目標である神は、正神であるはずがないから、こういう信仰は悉(ことごとく)、迷信であるといってよいのである。
    しかし、子がいかに親の恩恵を享けようとしても、その子が常にわがまま勝手な事をし、親を顧みずして、ただ親から吾が欲しいものだけを与えて貰おうとしても駄目である。
    矢張り平常から、親を思い、親に尽し、親の言う事を肯(き)き、親の喜ぶ行為を重ねなければならないのである。
    世には御利益ばかりを欲しがり、絶大な御利益を受けながら、それに対し感謝報恩を忘るる者があるが、これらは実に親不孝者で、ついに親から見放されてしまうのは致し方ないのである。
    しかし、こういう輩に限って、自己の非を悟らないで親を怨むという事になり、自ら滅びゆくという哀れな結果になるものである。
    故に、人は神仏に対っては、よく神仏の御心を悟り、人として無理からぬ正しい願求を、恭々しく淡白になし、又、出来るだけの報恩感謝をするのが本当である。
    そうして、感謝報恩とは、一人でも多くを救う事である。
    といって人間には、人間を救う力は到底有る訳がないから、自分が救われた神仏へ導くより外は無いのである。
    そうして、人を導くその徳によって、それだけ自分も救われるのである。
    又、人を導く暇のない人などは、それに換るに、金銭物品を奉る事も結構である。
    次に病気である場合、それを治すのに病気が無いと思えとか、又は思念するとか、難行苦行するとかいうのは、皆自力で治すのであって、神仏の力徳では全然無いのである。
    神仏の力徳が顕著であるならば、人間が苦しい思いをして有るものを無いと思うような錯覚的苦悩などする必要がない。
    又、難行苦行なども、自己修養にはよいが、それらの信仰はみな、その神仏に力徳が欠けているので、人間力を加えさして、さも神仏が御利益を与えたように思わせるのであって、一種の誤魔化しである。
    世間、こういう信仰は余りにも多いのであるが、実はみなインチキである。
    しかし、こういうインチキ的宗教は、来るべき神の清算に遇えば、忽(たちま)ち崩壊するのは必然であるから、その神仏の教祖や役員信徒等は一時も早くその非を覚り、本当の道に進まなければまことに危険である事を警告したいのである。」 (「新日本医術書」より)

    category:戦前の医学論文 | by:mistoshicomments(0) | -
    Comment