「弱体児童の防止法」

2020.01.29 Wednesday 08:23
0

    「一ケ月百万人を突破する結核患者と、拾二万人の死亡者を出しつつある肺結核について、官民共に汲々(きゅうきゅう)たるに係わらず、所期の効果を挙げ得ないばかりか、むしろ増加の傾向さえあるというに至っては、国家の前途に対し、実に寒心の外はないのである。
    最近の東京府社会局の調査によれば、都会小学児童の四割は、結核感染者であるといい、又、某女学校の生徒を診査した所が、その二十何パーセントが微熱保有者であるというのである。
    勿論、微熱保有者は、結核が発病しているからであって、未だ微熱までに到らない潜伏状態にある者も、仮にその同数と見て、まず五十パーセントは結核患者と見て差支えないであろうし、結核の最も発病し易いのは二拾歳前後であるにおいて、女学校卒業後が更に危険である訳である。
    かくのごとき事実から類推するにおいて、次代の国民の半数以上は結核感染者になる訳であるから、これはいかなる事よりも実に国家的最大の問題である。
    まことに健康の大非常時である。
    しかるにこれが解決策として、政府が今現に行いつつある方法は、果して適切有効であろうか。
    吾人は遺憾ながら否と言わざるを得ないのである。
    それは、当局に罪が有るのではない。
    現代医学で喰止める力よりも、病気蔓延の勢の方が優っているからである。
    そうして、その方策としては、病菌感染予防の消極的方法のみを唯一としている事である。
    これらは吾人の毎度言う通り、今日の社会生活において病菌に侵されまいとする事は絶対不可能である。
    その余りに病菌感染の機会が多過ぎるからである。
    故に、病菌に侵されない程の健康肉体であるのが理想的であり、積極的防止である事は勿論であって、近来小学校などでは、児童に肝油や牛乳を飲ませ、又、レントゲンや太陽灯等を設備するという事を聞くが、それらはまことに姑息(こそく)な膏薬張的方法でしかないのである。
    弱体児童という事は、結核保菌者という事であり、いわゆる、腺病質児童である。
    これらの児童が四割も有っては、残数が感染しまいとするのは困難であろう。
    と言って、結核児童のみの学校を造るとすれば、小学校の四割が結核学校になってしまうから、実際上由々しき問題であろう。
    この困難なる問題に対して、その根本解決策を吾人は有している事である。
    それを言う前に、いかにしてかくも大多数の弱体児童が続出するかという、その原因を検討するのが順序である。
    それは、日本人と西洋人の体質を同一であるとする事の誤謬がそもそもの原因である。
    それは、牛乳を多用する事と、妊婦の肉食及び妊婦と生児の薬剤服用である。
    何となれば、それは、薬剤に病気治癒の性能があるとすれば、その性能こそは実は毒素である。
    漢方医家のいう薬剤で病気を治癒するという事は、実は毒を以て毒を制するのであるとは、実に至言である。
    これが為に、薬剤の余毒と牛乳と獣肉に含有する獣血の毒素分とが、知らず識らず血液を溷濁(こんだく)してしまう事である。
    それが人体の自然浄化作用によって残渣(ざんさ)汚血となり、汚血の再浄化が膿汁であるから、それら毒素が頸部付近、即ち耳下腺、淋巴腺、扁桃腺及び肺尖付近に溜結するのである。
    吾人が幾千人に上る弱体児童を診査するにおいて、その悉(ことごと)くが右の症状を呈するのである。
    読者よ、試みにそれら児童の頸部付近を指頭で探査するにおいて、必ず大中小のグリグリを発見するであろう。
    そうして、指頭で圧すれば、かなりの痛みを訴えるのである。
    今一つの原因として、種痘によって陰性化して、肉体に残存せる相当量の天然痘毒素である。
    これが又、他の毒素と協同作用によって、援助するという一事である。
    右述べたごとき、二大原因が弱体児童たらしめるのであるから、この二大原因へ対して、それを軽減する消極的手段と、及びその毒素の溜結を消滅すべき積極的手段との二つがこの問題を解決し得るという事を認識しなければならない。
    その方法としては、消極的には、妊娠中肉食を避ける事と、出産後、母乳不足の場合は牛乳のみでなく、牛乳と重湯(半搗米)半々位が最も良いのであって、これは私が多年の実験上、良成績を挙げているのである。
    又、付け加えたい事は、獣肉多食の妊婦は流産と乳不足の多い事も否めない事実である。
    ただしかし、陰性天然痘毒素は、他の方法によって除去するより外に致方ないのである。
    次に、積極的方法としては、私が創始した指圧浄化療法である。
    これによれば、短時日にして解溶消滅するのである。
    その結果として、溜結は消滅し、微熱は去り、食欲は増進し、頬は紅潮を呈し、体重を増し、元気溌剌として、全く見違える程の健康児童となるのである。
    はなはだ自画自讃ではあるが、今日、弱体児童をして健康児童に、しかも短期に転換せしめる方法は、右の療法以外、他には絶対無いであろう事を断言するのである。」 (「新日本医術書」より)
     

    category:戦前の医学論文 | by:mistoshicomments(0) | -
    Comment