農業特輯号の反響.3

2019.11.12 Tuesday 08:43
0

    司会 新潟の農家に比べると割合少いですね、新潟では二千円前後、篤農家と言われる人達は三千円前後使うそうです。篤農家も濁りを付ければ毒農家と成りますからね。

       全耕地自然栽培者(一部実施者は除く)
     姓 名   年 数 実施面積  二十六年度反当収量  村平均反当収量 
     D     三年目 一町五畝   八俵一斗      七俵
           四年目
     F     二年目 一町四反三畝 八俵一斗五升    七俵

     E     二年目 九反歩    七俵半       七俵
           三年目
     B     二年目 九反一畝   七俵五升      六俵三斗
           三年目

    浄霊に就て

    司会 提出の報告書を見ますと浄霊はほとんどしないようですね。浄霊の回数は何度位……

    D 浄霊しないと書くのも体裁が悪いので一度と書きましたが、田圃に対しての浄霊はほとんどしておりません。

    F 村人の手前気まりが悪いし、稲に対して手を振るものなら、気狂いに成ったと大変ですよ、家族も「昼間手だけは振ってくれるな」と言うものですから浄霊は全然して有りません。

    司会 皆さんも同調者ですね。

    一同 相済みません……(笑)

    司会 しかし結果において収穫も多く一年目より減収者一名も無く、二年目、三年目と順調な成績にて、信仰者で無くも誰れでも穫れるという明主様の御教えの裏付けをなされた訳ですね。今年は反対に大いに浄霊に依り土を浄めて頂き、その結果を来るべき秋に期待しております。
     

    category:自然農法 | by:mistoshicomments(0) | -
    Comment